スキンケア選びは自分の肌悩みに効果的な成分を知って選ぶ

スキンケア選びのポイントとしてスキンケア用品に使われている成分で選ぶことです。

私が一番合っているのは、フラコラだったんですけど、これもまさに成分で選んだところがあります。

フラコラ美容液の研究サイト

 

スキンケア用品のパッケージを見るとさまざまな成分が入っています。

 

スキンケア用品は肌に直接つけるものなので、その成分は肌に良いとされている成分であるのが当然ですが、ただ肌に良い成分が入っているからという理由で選ぶのではなく、自分の肌の悩みに合った成分が含まれているかで選ぶのが大切です。

 

肌の悩みにアプローチしてくれる成分を含んでいるスキンケア用品を使うことで、漠然と肌に良い成分が入っているからという理由で選んだものと比較してより高い効果が期待できます。

 

では、スキンケア選びに注目したい成分にはどういったものがあるのかを紹介します。

 

1つ目は「美白成分」です。

 

美白成分はシミや肝斑に悩む方に良い成分です。

 

具体的な成分としてアルブチン、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸が挙げられます。

 

美白成分はシミの原因となるメラニンが生成される際に必要な酵素チロシナーゼの活性を抑える働きがあります。

 

ビタミンC誘導体やハイドロキノンはチロシナーゼの活性を抑制するだけでなく、今できてしまっているシミを薄くする作用も持っているので、今あるシミを薄くしたいと思っている方におススメしたい成分です。

 

トラネキサム酸は炎症を抑える作用があり、シミの中でも肝斑に悩む方におススメしたい成分です。

 

シミを予防するだけでなく今あるシミにもアプローチしたり、肝斑で悩む方にも良いのが美白成分であることが分かります。

 

また、シミは老化によって発生しやすいものです。

 

美白成分の中でビタミンC誘導体は老化を抑制する抗酸化作用を持つので、年齢を重ねてシミが増えたと言う方は老化によってシミが出来やすい肌状態になっている可能性があります。

 

なので、美白成分でかつ抗酸化作用を持つビタミンC誘導体でケアすることで老化抑制にも働きかけてくれます。

 

2つ目は「保湿成分」です。

 

保湿成分でスキンケア選びをする方も多いです。

 

保湿成分の代表的なものとしてヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンが挙げられます。

 

ヒアルロン酸はもともと肌に存在している成分ですが、年齢と共に減ってしまう成分でもあります。

 

減ってしまうと肌の乾燥を悪化させたり、乾燥によって肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

なので、スキンケアでヒアルロン酸を補給してあげることは大切です。

 

ヒアルロン酸は保水力が高く、細胞と細胞の間で肌内で水分を蓄えてクッションの役割をして、肌の弾力を高める効果が期待できます。

 

スキンケア用品で外から補うことで肌表面を覆って水分を抱え込んで保湿してくれるヒアルロン酸ですが、分子が大きいので肌の内部まで届けるのが難しい特性を持っています。

 

ヒアルロン酸入りのスキンケア選びには低分子のものを選ぶのがよりおススメです。

 

セラミドも肌にもともとある成分で、ヒアルロン酸が抱えておいてくれている水分を蒸発させないように働きかけてくれる成分なので、ヒアルロン酸と一緒にスキンケアとして取り入れることでより働きを高めてくれます。

 

コラーゲンは肌の一番下で網目のように張り巡らされていてベッドのスプリングのような役割をし、肌の一番下にあるり土台となって支えてくれています。

お肌の悩み

多ければハリがある肌に、少ないとハリが無くたるみ肌となってしまい、スキンケア用品でコラーゲンを補うことで潤いと共にハリのある肌へと導きやすくします。

 

コラーゲンも分子が大きい特性があるので、低分子のものを選ぶのが大切です。

 

さらに、コラーゲンの生成を促す成分ビタミンCを取り入れることでコラーゲンが作られやすい環境に改善され、コラーゲンを取り入れた時により働きを高めてくれます。

 

スキンケア選びには自分の肌悩みとそれに合った成分が使われているアイテムを選ぶことでより納得のいく効果を実感しやすいと言えます。

 

2019年1月30日 スキンケア選びは自分の肌悩みに効果的な成分を知って選ぶ はコメントを受け付けていません。 スキンケア選び