自分の肌に合う成分をみつけることが美肌への近道

敏感肌の私のスキンケア選びの1番のポイントは、商品の裏面表記などを確認し配合されている成分をチェックすること

 

そしてその成分が自分の肌に合うのかどうかを見極めることからです。

 

例えば美白のスキンケアの場合、商品によってビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸など、さまざまな美白効果が期待できる成分が配合されています。

 

この配合成分が自分の肌に合わないものどだと肌荒れや炎症を起こしてしまう場合があります。

 

ちなみに私の肌にはトラネキサム酸があいません。

 

なので、トラネキサム酸が少しでも配合されているスキンケアは使用しません。

 

この自分の肌に合わない成分をまず特定することこそが、スキンケア選びのポイントです。

 

同じ成分でも組み合わせによっては問題ない場合も多いのですが、敏感肌がゆえにそこはかなり慎重になります。

 

商品を購入する時は、事前にテスターやサンプルで必ず自分の肌でパッチテストなどをして試すことが重要です。

 

効果があるかどうかの前にまず、自分の肌に合わないものではないかを調べる作業からスキンケア選びはスタートします。

 

なのでスキンケアを購入する場合は、ネット通販はせずテスターが試せる百貨店などの店頭で購入することがマストです。

 

いくら肌のきれいな女優さんやモデルなどがすすめていても、自分の肌に合うとは限らないので、口コミを見る場合でも、自分の肌質や肌悩みに近しい人のコメントを参考にするようにしています。

 

そしてあくまで個人的な意見ですが、スキンケアはあまりプチプラなものは使用しないようにしています。

 

たとえ同じ成分が配合されていたとしても商品の価格が安いものには、安い成分が配合されていると思うからです。

 

もちろん、すべてのプチプラスキンケア商品がそうだとは限りませんが、個人的にはそのような視点で選んでいます。

 

そしてできるだけ同じブランド、同じラインのアイテムをクレンジングからそろえるようにしています。

 

成分的にも同じラインのものだと肌トラブルがおきる不安感が少ない上、すべてバラバラのブランドを使用するよりも同じラインでそろえた方が相乗効果も期待できるからです。

 

また、季節や体調によって肌状態は変化するので、常に同じアイテムを使用するのではなく、その時に応じて変えれるように何アイテムかをストックし使い分けています。

 

そして、スキンケア選びにおいて成分の次に重要なのがコスパです。

美容部員

これは単に価格が安く容量が多いものが良いとは決して思いません。

 

いくら安いからといっても、何も効果が実感できないのであれば、それはスキンケアをしている意味がないと思うからです。

 

やはりスキンケアをしている以上、目的にあった効果を実感できないとなんの意味もありません。

 

なのでたとえ高価なアイテムだったとしても、それ相応の効果が実感できるのならそれはコスパの高いアイテムだと思います。

 

たとえば、ニキビに悩んでいたとして、ニキビケアの美容液でも1000円代で買えるものもあれば、5000円を超えるものもあります。

 

もちろん1000円代のもので効果がでるのなら一番それがコスパが良いといえるのですが、5000円のもので早くそしてしっかりとした効果がでるのであれば、絶対にそちらを使用するべきだと思います。

 

スキンケアの価格はまさにピンキリなので、同じような内容をうたっている場合、ついつい安い方に目がいきがちですが、ここは注意が必要だと思います。

 

効果がないものを何度も繰り返し購入する方が時間もお金も無駄になりかねません。

 

なので、まず自分の肌に合う、合わない成分を把握し、次に長い目で見てコスパのよりもの=しっかり確実に自分の肌に効果がでるアイテムを探し使うことが美肌への近道だと思います。

2019年1月26日 自分の肌に合う成分をみつけることが美肌への近道 はコメントを受け付けていません。 スキンケア選び