スキンケア選びには自分の肌質や悩みを知ること

スキンケアと一言でいっても種類が多過ぎてどうやって選べば良いのか悩む方が多いです。

 

スキンケア選びに知っておきたいことは自分に合ったものを選ぶことです。

 

そこで、自分に合ったスキンケア選びのポイントを紹介します。

 

自分に合ったスキンケア選びのポイント1つ目は「自分の肌質を知ること」です。

 

肌質には皮脂の分泌が過剰になってベタつきやすい脂性肌、肌の水分量が少なくてカサつきが気になる乾燥肌、水分や油分のバランスが良くトラブルが少ない普通肌、部位によって水分や油分のバランスが良いところとそうでないところが混在する混合肌、摩擦や紫外線などの外部刺激によってトラブルが起こりやすいデリケートな状態の敏感肌が挙げられ、自分がどの肌質なのかを知ることがスキンケア選びに大切です。

 

脂性肌の方はスキンケア用品は油分の少ないサッパリタイプのものを選ぶのが良いです。

 

皮脂の分泌を正常に戻すためにも油分が多いスキンケア用品だと皮脂の分泌を促してしまったりベタつきが余計に酷くするのでサッパリ系のスキンケア用品を選ぶことがベタつきを抑制する効果も期待できます。

 

乾燥肌の方は肌に刺激を与えてしまう添加物が入ったスキンケア用品は避け、保湿力の高いものを選ぶことです。

 

肌外部刺激によって乾燥を促進され水分が逃げやすいので、水分をフタをしてくれるような保湿効果の高い成分が入ったスキンケア用品が良いです。

スキンケア選び

さらに、肌に刺激となってしまう合成香料、合成着色料、鉱物油、アルコールなどの余計な成分を含まないスキンケアを使うことも乾燥肌の悪化を防ぎます。

 

普通肌は水分と油分のバランスが良くトラブルが起きにくい状態ですが、普段使っているスキンケアに美白やアンチエイジング効果のあるスキンケアをプラスしてあげると肌質向上につながります。

 

例えば、美白やアンチエイジング成分を含んだ美容液をプラスすることで今の状態からよりトラブルに負けない健やかな肌を目指せます。

 

トラブルが起きにくい状態をキープするために保湿などの基本的なケアをきちんと行うことが必要です。

 

テカる部分と乾燥している部分が混在している混合肌は日本人に多い肌質です。

 

混合肌のスキンケアはテカる部分は油分が少ないサッパリタイプのスキンケア用品でケア、乾燥する部分は油分の多い保湿成分を含むスキンケア用品でケアすると言った部分によってスキンケア用品を使い分けることです。

 

敏感肌は肌に刺激となるような成分を含んだスキンケア用品を避け、無添加なスキンケア用品を選ぶことがポイントで、特に保湿をしっかりと行えるスキンケアを取り入れるのが良いです。

 

敏感肌におススメしたい保湿成分はヒト型セラミドです。

 

保湿力に優れており、ヒト型なので人間の肌に刺激や負担が少ないので安心してケアできます。

 

ヒト型セラミドに注目してスキンケア用品を選ぶと良いです。

 

自分に合ったスキンケア選びのポイント2つ目は「自分の肌の悩みを解決できる成分を含んでいるものを選ぶ」です。

 

同じ肌質の方でも悩みは人それぞれなので、肌質に合ったスキンケア用品に悩みをケアしてくれる成分の入ったものを選ぶと良いです。

 

肌悩みとして多いのがニキビ、乾燥、アンチエイジングです。

 

ニキビに良い成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸、アラントイン、ビタミンC誘導体、パントテン酸、トコフェノールが挙げられます。

 

乾燥に良い成分としてヒト型セラミド、リピジュア、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、天然保湿因子が挙げられます。

 

アンチエイジングに良い成分としてビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体、フラーレン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、エラスチンが挙げられます。

 

よって、自分の肌質を知り、肌悩みを解決できる成分を知ることがスキンケア選びのポイントとして知っておきたいことです。

 

2019年1月29日 スキンケア選びには自分の肌質や悩みを知ること はコメントを受け付けていません。 スキンケア選び